クラウ度

SDカードスロットのないスマホが増えてきた。SDカードスロットはなくなったのにファイルのデータ量は年々大きくなっていく。それでいてスマホ本体の保存容量はそこまで劇的に増えていなくて、しかも保存容量の大きいのを選ぶと比例して本体の値段も上がるという商魂逞しさw

データの保存をどこにするのか?ここに、クラウドストレージというのも選択肢として加わってきた。iCloudとOneDrive辺りが有名か。日々のバックアップに使っている内に「容量が一杯になった。もっとたくさん保存できるiCloudを契約してくれ」という警告がiPhoneに出るようになった。

iCloud+,月額,

iCloud+の料金体系。1ページで全プランを見せてくれるので親切なUIだ。この辺はAppleらしいかも。

Microsoft 365 Personal,1TB,OneDrive,クラウド,オンライン,ストレージ,

OneDriveの1TB。日本版はやっぱり高いねぇ、Microsoft 365 Personal。

OneDrive Basic,5GB,オンラインストレージ,

無料の5GBストレージというのもある。

iCloudも無料のは5GBだ。この辺りはお互い牽制をし合っているのだろうw iPhoneのように日々のバックアップとして自動で同期しているとあっという間に一杯になる容量だ。能動的に写真を格納するという目的なら無料版でも十分なのかもしれない。

OneDrive Standalone,100GB,オンラインストレージ,

確か最近新しくできたOneDriveのプラン。iCloudの200GBプランが月額400だから半分の容量で値段もほぼ半分。

テラバイト契約になってくると、OneDriveは1TBに12980円必要。iCloud+は2TBでも月額1300円だから年額で15600円。OneDriveは1TB使おうとすると別にOffice系アプリが付いてくるけどこの差をどう見るか。

2つだけだけどクラウドストレージの充実具合を比べてみた。

個人的にはこういうのもあんまり信用していないw 所詮は自分の家ではない別の誰かの空間なのだから。選択肢としては有りだと思う。

頭に乗る金

携帯ショップの言う頭金って上乗せ金だよなぁ。

「20万円のスマホだけどまとめて5万円なら払えるので、それを頭金にして。残りは月々分けて払うから。」の5万円が一般的に思い浮かぶ頭金よな。定価はあくまで20万円。

携帯ショップの頭金は定価20万円なのに余分にお金を払わされてしまっている。一括でどうたらとかレンタルでいくらとか言ってもねー。頭金の他に、契約事務手数料が3300円かかったりするしね。

こういう場所で携帯を最近は買わないけど、この頭金って機種の値段で変動するものなの?だとすると1番安いショップの頭金っておいくら?どちらにしても定価より高く買ってしまうことになる。

キャリアでもオンラインショップなら頭金はもちろん0円だし事務手数料も0円だったりするんだけどな。

頭金が本当の意味の頭金になって欲しいよね。

あんには限りがある?

k-tai.watch.impress.co.jp

楽天モバイルにも影響がありそうだね。

据え置きで、家で使い放題のインターネットをやるためのプラン。楽天モバイルのアンリミットプランも2980円(税抜)で使い放題。楽天モバイルの方は使い放題を止めるんじゃないかな。20GBぐらいが上限になったりして。ただの予想だけど。

ahamoが月額2970円(税込)で20GB、これに5分無料通話が付いているから楽天モバイルもこれに合わせていくのかな。そう言えば楽天リンクは今無料だけどどうするんだろうな。こちらもそのうち月間~分以内は無料ぐらいに変えてきそう。

ターボ登場でアンリミットがリミットになるかもしれない。コレやアレが終わって同じぐらいの価格ならいよいよ他社へと移ることになるかもしれない。

そう言えば格安SIMに楽天モバイルは自分の回線を卸すようになるとか何とか。そんなことをしている場合かw 楽天モバイルの名誉のために書いておくと、昼間速度が落ちるとかはない。そこはMNOの面目躍如なのだ。

楽天ターボでどうする楽天モバイル。

端末転倒

たぶんだけど、パソコンを持っていない人が「パソコンでやれそうなこと」をフラッグシップモデルでやろうと考えているのでは?

パソコンを持っているのにそれと同等か凌駕してしまうフラッグシップのスマホを買うのは…この人の言う通りマニアだよなぁw Xperia 1IIを所有している時はそれに近くなっていたかもしれない。

今のXperiaはミドルレンジ。iPhoneも13 mini。パソコンはオムロンのキーボードやら光デジタル端子、指紋認証やらを備えている。持っているガジェットの中では1番高価。

スマホがフラッグシップでなくなってもiPhoneとXperiaの2台持ちになったからそれはそれで変態なのかもしれないけどw 上手く使い分けているつもりなのでそこはご心配なく(誰も心配してない!)。

今年はGalalxy Z Foldシリーズを買うかもしれない。でもこれを買うと現PCの当時の値段を上回ってしまうんだよなw スマホ+タブレットと考えればPC単体で1番高いことには変わらなくなるけど屁理屈だろうか、これって。

Z Foldは閉じるとXperiaっぽい縦長スマホに、開くと8インチ弱のタブレットになる。Androidタブレットの8インチで良いのがないんだよな。ほぼiPadにお客さんを持っていかれている。Z Foldシリーズはツイートで言うところのフラッグシップモデル。高性能なタブレットにもなるというわけだ。

今までにない端末を使ってみたい。しかしPCより高そう。高性能とは言ってもPCほど色々なことができるわけではない。そこのジレンマがある。

とは言え、色々なことを考えている今の時期が楽しいのは事実だ。今のパソコンを中心に大事にしつつ、好奇心のまま探究していきたい。

365日オフィス

creas-labo.org

今回書くことはほぼ全てこの記事のおかげである。感謝すると同時に、敬意を表したい。

電子徒然日記の筆者と同じく、Microsoft365 Personalをいかにして安く利用できるか、というのを追求している。

少し前にヤフーショッピングで「並行輸入品のプロダクトコード」を買ったけどダメだった…。日本仕様でも米仕様でもダメ…。お手上げだった。今のMicrosoft365 Personalの期限は2024年の2月22日まではあるけど今のうちに延長して心の余裕を持ちたかった。

来年の2月までの分はアメリカのAmazonでプロダクトコードのカードを1枚ずつ買い足していったのだ。新しくコードを追加するごとに1年延長されるので期限到来を待たずに数年先まで使えることになっていた。

Microsoftアカウント,サブスクリプション,

筆者のMicrosoftアカウントのサブスクリプション。Microsoft 365 PersonalとXbox Game Pass Ultimateを登録している。この記事を参考にしてあれこれやる前は、前者にも「定額請求を有効にする」表示になっていて、期限が来たら詰んでしまっていた。

Microsoft 365 Personal,サブスクリプション,管理,Amazonからの購入,

Microsoft 365 Personalの「管理」をクリックするとこの画面が出てくる。「Amazonからの購入」とある。

Amazon.com,米国,US,Memberships & Subscriptions,$58.99,

「管理」をクリックすると、Amazon.com(米国版Amazon)の「メンバーシップとサブスクリプション一覧」に飛ぶ。

58.99ドルで次の更新は2025年の2月22日とある。どうやら無事にもう1年使用期限が延長されたようだ。ちなみに、今日の円⇔ドル為替レートをWindowsの計算機アプリで計算してみた。

円,ドル,為替レート,計算機アプリ,Windows,

およそ7680円ほど。Microsoft 365 Personalを1年間7680円で使えるということ。ちなみに日本版は12980円する。別に良いんですよ、12980円ぐらいどうってことないと思うならそのまま日本語版を使ってもらってw でも筆者の場合は悪戦苦闘してもできる限り安く使える方法を見付けたかった。

ちなみに、Microsoft 365 Personalとさっきから書いているけどピンと来ない人もいるかもしれない。ワープロ、表計算、アウトルック…等を挙げればピンと来るかもしれない。

そう、あのofficeのことなのだ。officeを安く使いたいということ。1TBのクラウドストレージのOneDriveとExcelを中心に使っている。「オフィスをできるだけ安く使いたい」だったら少しは我々の行動に理解を示してもらえるかもしれないw

電子徒然日記には、期限到来後の更新についても書かれている。同じように無事に更新がされると良いなぁ。

製品情報,サブスクリプション製品,Microsoft 365,Microsoft,

記事を参考にしながらやりたかったことを達成できたので今はかなり満足している。