するーぷしてきた

するーぷ,衣類回収,神戸市,事業,期間限定,

衣類の回収ができる「するーぷ」というサービスを初めて利用してみた。

さんプラザセンターのエスカレーター近くに設置してあるするーぷを今回は利用したが簡単で便利だった。

使う前にするーぷアプリをスマホにインストールして登録する必要がある。上に「投入口解除用QR」があるが、そのままだと開かない。これを開ける鍵の役割を果たすのがするーぷアプリというわけだ。するーぷアプリからQRコードを読み取る(要領はスマホでQRコードを読み取るのと同じ)ことで開錠される。

開錠されても手前に扉がそろーりと下りてくれるわけではなくて、「カチッ」という音がする。開錠してから3分以内に衣類を入れなくてはいけないのでこの挙動には気を付けておきたいところだ。何も起こっていないように見えるので。

開くと、下部に四角いカゴが置いてあるのが分かる。そこに衣類を入れる。10~15着ほど入れたらカゴは満杯になりそうな大きさ。ただ、アプリでリアルタイムに各するーぷの状況を調べられるが、それを見ていると回収に来るのも早そうだ。

3月末までの期間限定で神戸市が実証実験を兼ねている施策とのこと。するーぷ1台辺りのキャパシティを考えると、現状の4台では持続可能なサービスにはなり得ないかもしれない。

回収された古着の内、2~3割は東南アジア方面に運ばれるそうだ。サイズ違いとか着なくなった衣類がまだ何着かあるので、筆者はあと数回は利用させてもらうことになる。

地域で月1回資源回収の日があって、新聞紙や古紙の他に古着も回収してもらえるが、するーぷは満杯でなければいつでも回収してもらえる即時性が備わっている。それらに取って代われるかどうか、あるいは街の衣類回収スポットとして定着できるかどうか。楽しみだ。

自己PRはめいっぱいいきたいよね

プロフィール,文字制限なし,bio,Bluesky,

Blueskyのプロフィールは文字数制限がないみたいだね。(・∀・)イイネ!!

X(旧Twitter)は160文字までという制限がある。SNSに飛び込もうという時に、プロフィールを見てその人の趣味や嗜好を判断したりするけど、自己PRともう言うべきこのプロフィール部分に文字数の制限を設けるのって果たしてどうなのかな。

Blueskyにはそういうことで当ブログを含めた今筆者がやっているSNSのリンクをまとめて載せることにした。人によってはこの下に更に自己紹介の文章を綴ることも可能。

始めたばかりでかつリアルに会ったことがない人の人となりを判断するのはこのプロフィール部分だと思うのでXの文字数制限は止めるまではいかなくても緩くして欲しいね。

Blueskyは1日1ポスト以上を目指していて今のところそれは達成できている。書いていることもXとは変えている。Xと並行してやっていくということでまだまだ覚悟が足りないところがあるがw 

今は共倒れにならないように各SNSやブログに書くことやそれぞれのアカウントの意義をしっかりと追求して頑張っていこうと思う。

 

カタカナで違う人に

foobar2000,properties,タグ,tag,リネーム,

foobar2000,properties,タグ,tag,リネーム,

レコチョクでテイラー・スウィフトのfolkloreというアルバムを買った。

彼女のアルバムを買うのが今回が初めてではない。REDとLover、それにevermoreも持っている。

ところが、レコチョクだけはTaylor Swiftじゃなくてテイラー・スウィフトになっていたのだ。洋楽アーティストはそのまま英語表記でいきたい。

DAPでアーティスト検索してTaylor Swiftをタップするとfolkloreだけヒットしない。別に、テイラー・スウィフトとして登録されている。同じ人なのにw

少々面倒なことになるね、ということでWindows 11のノートPCに入れて愛用している音楽プレイヤー、foobar2000の力を借りることに。

PC内のアルバムフォルダを選択してfoobar2000に呼び出す。任意の楽曲を右クリックすると各種メニューが一覧になっているので1番下の「Properties」をクリック。

楽曲のデータ(アーティスト名、トラックタイトル、アルバム名等)を編集できる画面が出てくるのでアーティスト名がテイラー・スウィフトになっているところをTaylor Swiftに変えるだけ。

DAPでもTaylor Swiftでfolkloreも出てくるようになった。

盛りに盛ってるからねぇ

www.youtube.com

感動するわ、エガちゃんの根性に。

つい最近二郎系ラーメンを食べに行った筆者。しかも、通常300gの麺を200gに減らしてもらうという情けなさ。

ところで、野菜マシマシ全部マシ、あるいは麺の大盛を注文すると二郎系ラーメンではかなり厳しいルールを課せられるのをご存じだろうか?

二郎系ラーメンの通常300gの麺の盛りというのはそれだけ一般的なラーメンの2.5倍ほどある。そういうお店で大盛りを頼むというのは分をわきまえていないと判断されるようで、「食べ残しは厳禁、食べ終えるまで帰れない」という厳格ルール。

初めての二郎系ラーメンで普通のを頼んで頑張って食べ進めてみたけどどうしてもダメだった、という場合には適用されないみたい。仕方がないな、とお店側からも判断されるということなのだと思う。

何度か食べてみないと麺300gのしんどさは分からないところがあるからね。300gを食べ切れなかったら次は200gにしてもらう等考えていくのが良さそうだ。200gでもしんどかったら二郎系ラーメンは行かない方が賢明かなと。

ただ、二郎系ラーメンって量の多さがクローズアップされるけど豚のホロホロ感とかスープとかハマる人にはハマる中毒性はあるのは確かだ。おいしいんだよねw どうしても「映え」重視でトッピングを選択しがちになるが、筆者のように承認欲求が通常ほどの人にとっては少な目で頼む二郎系ラーメンはグルメには満足の得られるものだ。

そして食べ方。なるべく早く食べる方がよいかも。もぐもぐ味わっているとどんどんお腹が膨れてくる。エガちゃんはラストスパートであれだけの量を捌いているが、本当に尊敬する。この動画の時には50代後半という年齢を考えても凄い。普通の人は真似できないし、たぶんやらない方が良い。

呪文のようなマシマシコールは慣れたら大丈夫だと思うので、最初から盛りが多いのに大盛りを頼んでしまう、というようなことがないように気を付けて欲しい。それをすると帰れなくなってしまう、食べ終えるまで。それでも良いんなら構わないけどw

 

東京から消えた東京XX

東京チカラめし,大阪,日本橋,AQUOS sense 8,

東京チカラめし。

一世を風靡した時期があったようだ。全盛期は100数十件の店舗を構えていたそうだ。今となっては公式のホームページが非常に寂しいことに。

まさか唯一のお店が大阪の日本橋店となるとは、と運営元は思っているのだろうか。それにしても、このお店が生き残れているのは、リソースを1店舗に集中できているからなのか?あるいは一定数の固定ファンがいるのだろうか、牛丼は吉野家派の筆者には見当が付かない。

試しにここの名物「焼き牛丼」を1度食べてみるのも手なのかもしれない。かつてはチェーン店だったが、今となっては「ここでしか食べられない」わけだから。

日本橋の東京チカラめし、ここからどれぐらい続けられるのか。