USB-N

k-tai.watch.impress.co.jp

この記事を読んで「iPhoneどうするんだろ?」というのが頭をよぎった。筆者の予想では、「充電端子そのものを無くしてしまう」方向にAppleは舵を切るのではないかと。

MagSafeという規格でワイヤレス充電を既に現行のiPhoneで実現させている。ワイヤレスで充電することをEUは排除していない。iPhone 13 miniはバッテリーの減りが速いが、ワイヤレスであっても80%までなら充電は速い。意外と不便ではない。

物理SIMスロットの方は米国市場のiPhoneからは消えているそうだ。そういう流れがあるので充電端子を無くしてしまう可能性もあるのではないかと。

無難なのはもちろん「iPhoneにUSB-C端子を付ける」ことなのだけど。今更そんな妥協をするのかなと。でも、AppleはiPadや他のデバイスだとUSB-Cを載せているからiPhoneだけそうじゃないのは潔くないという見方もできる。

せっかくなので充電端子を無くしてしまう方が未来のデバイスと言う感じで面白いなと。

好きな青

iPhone 13 mini,ブルー,林檎マーク,背面,ケース,

我が相棒、iPhone 13 mini。スマホは2台を使い分けている。どちらをメインとするかは人によって変わってくるだろう。電話と連絡、少しのゲーム用途に役立っている。最近はSpotifyをオフラインで聴く音楽プレイヤーとしても使い始めた。それと、Apple Pay。

メインということになるのかな。このiPhone 13 miniはサブ(?)のXperia 10iii Liteで撮ったもの。gcamというアプリをアシスタントにして。サブ(?)のスマホはバッテリーの持ちが良いのでネットのブラウジングとか巨大掲示板の閲覧にかなりの時間を費やしている。

ブルーのこの色にも惚れた。大人なブルーというのか。「どうせケースを付けるんだから色なんて何でも良いじゃん」というのはあるのだけど、このブルーは好きなので何とか外にアピールしたかったw

曇りガラスっぽくて縁が紺色になっているこのスマホケースはかなりハマった。より一層の所有欲を満たすものとなった。手触りはサラッとしている。

iPhoneは画面が割れたまま使っている人を見かけたりするので買うに当たってはさすがに危機感を覚えた。ちゃんと守ってあげようと。一応、画面にも貼ってある。割れた時の飛散防止なので落とさないように気を付けないといけないことには変わりない。

iPhone 14シリーズからは不人気のminiシリーズが姿を消した。売れないサイズなので15以降も恐らく出して来ないだろう。世間では不人気でも長電話をしていて疲れない、自分にはベストバイであることには変わりない。

買ってから半年ぐらいだけどこれからも大事に使っていこうと思う。

ピーエス星

PlayStation Stars,リワード,

PlayStation Starsというのがいつの間にか始まっている。Xboxだとリワード、Nintendo Switchだとプラチナ or ゴールドコインみたいなものだろうか。ゲームを買ったりすることでポイントが貯まり、ある程度貯まったら別の物と交換できるというもの。

見るだけでOKの簡単なものから、「ストアでゲームを買ったら50ポイントあげる」といったものが用意される。その過程で面白そうなゲームを見付けたので明日辺りそれをダウンロードするかもしれない。

「ストアでゲームを買う」というと漠然としているが、毎月数本リストに挙がるゲームを買えば良いようだ。今月だとドラクエXオフラインといった超有名タイトル他数本が挙がっていてポイントの対象。

その中で面白そうなゲームを見付けたのだ。どうやらカードゲームっぽいのだけど。インディーズなのだろう、あまりに情報が少ない。ただ、最近はレビューに左右されたり自身の腕前にも自信を無くしていて買う直前で踏みとどまることが増えていたので逆にこの情報の少なさを吉と捉えたい。

買っても良いかなと踏み込める値段のようだし。2000円ちょっと。素晴らしいw 実はPS4のゲームももう1本注文してある。こちらは納期が1か月先までのステータスになっているのでいつになるかは分からない。この2本はジャンルが違うので問題ない。

本来、このPlayStation Starsというのは自己顕示欲を示すサービスなのだろうけど筆者にとっては手探りだったゲームソフト探しをある程度絞ってくれる道しるべに見えた。

挫けずに色々なゲームに出会って楽しみたい。

 

穴傘

日傘メンの筆者。メンズが日傘を差すのはまだまだ少数派のようだが。

明日から10月というこの季節。日中に限って言えばまだもう少し出番が多そうだけど、少し前から生地に小さい穴が空き始めているのに気が付いた。この小さい穴というのが本当に絶妙な小ささで、太陽光線は防いでいるようなのだ。

暗い洞窟で一筋の光が差し込んで体の一部に当たる感じを想定してた。想像しすぎたw 一応晴雨両用なので急な雨(基本的には雨傘を使う方が良い、日傘で雨を防ぐのは緊急時)にも役立った。

小さい穴の1つがとうとう直径5ミリほどの大きさになってきた。これはもう傘としては絶望的な穴の大きさ。今使っている日傘は買って早々に袋を失くしてしまい、裸運用だった。穴の原因は恐らくそれだろう。ちゃんと袋に入れて使っていればもう少し長く使えたと推測する。擦れて擦れて、少しずつ…。

ただ、強風で逆方向に開いてしまうけど元に戻すのは簡単だしそれで骨が折れたことはない。折りたたみの日傘でダメになるとしたら骨が折れる方だと思っていた。ボディは頑丈。

今度買う日傘も同じメーカーのにする。ここまで書いた通り、メンズ日傘に特化したこのメーカーのは丈夫だということが数年使って分かったからだ。少しグレードを上げて遮光とUVカット100%のにするかもしれないけど。そうすると今の濃いグリーン系が選べなくなってしまうが。

ちゃんと袋に入れて使っていって雨傘としての使用は極力控える。これでこのメーカーの真なる造りの良さが見えてくる。たぶん大丈夫だと思うんだけどなw

穴傘よ、さようなら。

 

どれで遊ぶ?

Nintendo Switchだけを持っている時には起こらなかった迷いがゲームを買おうとする時に起こるようになった。

アクションゲームはPS5で遊ぶ。コントローラーとゲームの応答性と言った点でこっちで。問題はRPGだ。今、アトリエシリーズを買おうか迷っているのだけどどっちでやるのが良いのかと?

迷いが生じる要素がいくつかある。グラフィック。あれぐらいだったらPS5版を買う必要がない。綺麗なグラフィックを見れると期待してPS5版を選ぶけど、あれだとスイッチ版で良いとなる。

調合してアイテムを作り出す。調合するための原材料を採集する。そういった点は隙間時間にやれるスイッチ版の方が相性が良い。

でも、ライザのアトリエからは以前のアトリエシリーズにはなかった「リアルタイム」がバトルに採用されるようになったと聞いた。今まではターン性のバトル。これが、PS5版にしたくなってしまう理由。

今日の23時59分まではセールで半額で買えるし。PSストアの方は先に開催された東京ゲームショウを名目としたセール。もしかしたらと思ってNintendo Switchのイーショップも訪ねたけどスクウェア・エニックスのゲーム限定のセールだった。PSストアもスクエニのゲームはセールになっているけど、もう少しセールの対象が広くなっている。

明日になればPSストアのセールが終わるので値段の点では全く同じ条件だ。少し前だとゲームソフトの定価はNintendo Switch版の方が安く設定されていたのだけどそうでもなくなってきたようだ。

同じゲームが複数のゲーム機をまたいで発売されるようになって、妙な迷いが増えてしまった、という話。ゴーストオブツシマのようにそのゲーム機でしか出ない、というゲームが出てくれれば迷うことなどないのだけど。